スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

    信じるものは・・・

    0
        いよいよ発表会まであとわずかとなりました。

      前回の更新から、1ヶ月近くたってしまいました。

       発表会の準備と秋の行事に忙殺されています。
      でも、その状況はお母様方、みなさんと一緒ですね・・・

      そんな中、今年のお母様方は計画を練って色々自主的に動いていただいていて、大感激です。
      ありがとうございます。

       発表会の雑用はもとより、更衣室の照明のこと、時計が壊れていたこと、

      そうそう私も気づいてはいたけれど手が回らなかったこと  に対しても暖かい手を差し伸べていただいてありがたいです。

        夢ちゃんママが、「どんどんよくなりますね・・・」 とつぶやいてくださいましたが、ホント
      にその通りです。

        いつも今頃忙しくて首が動かなくなるのですが、ことしは動いてます!!
      あれもこれもたくさんのみなさんの下ごしらえがあって、舞台の幕が上がるのです。

       今年こそ満席にしたいと思っています。
      皆さん11月28日はぜひ、長洲みらい館へ脚をお運びください。

       東京からお呼びする太一先生と じせんさんも入念にリハーサルを重ねてくださっています。

      太一先生曰く、「熊本ではなかなかみれないですよ・・・」

       なのでご期待ください!!!

      posted by: arao-komoya | 雑記帖 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

      咲き始め

      0
        100512_0846~010001.jpg
        いよいよバラたちが咲き始めました。

        寒かったせいか例年より遅かったですが。

        完全無農薬(ただの手抜き!?)なのにちゃんと季節が来ると咲いてくれるみんなに大感謝です。

        100505_1459~010001.jpg
        スタジオの花壇も時間をかけて素敵に成長してきました。

        こちらは成人クラス古賀さんのお陰です。

        わたしの園芸の先生です。いつもありがとうございます!
        posted by: arao-komoya | 雑記帖 | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

        こどもの日

        0
          100505_1058~01.jpg
           いただいたお花たちもまだお色直しをしながら健在です

          みなさんいかがおすごしでしょうか?
          お天気の良い爽やかな日が続きますね。

          わたしのGWは・・・
          5/1  坂村真民について調べる
               9月の荒尾文化センターの自主事業のうちの担当部分が海達きみこではなく真民さんになるそうなので、0から創らなくてはならなくなりました。
            まだはっきり全体像が提示されていませんので、予習って感じかな?

           驚いたことに真民さんは荒尾市府本のご出身で宇和島東高校で教鞭をとられていたそうで、ご縁を感じます。だって夏みんなで行きますからね。

           昨年の炭坑の時もいろいろ見学に行きましたが、私だけじゃなく生徒たちも宇和島に行くことができるということは作品を制作するためには重要な役割をはたしてくれると思います。
           その街の空気や色を実体験すると言うことは作品にリアリティを与え(作品はあくまで私の想像上の創造物に他なりませんが)真民さんを知らない方に興味を持っていただけるきっかけになるようなものにしたいと考えています。

          5/2  大牟田にて現代舞踊協会九州支部合同公演 お手伝い
            とにかく私もこちらへ来て以来現代舞踊の公演をみるのは初めてで、おもしろかったです。懐かしいと言った感じも強いです。日本のバレエの歴史を語るには現代舞踊の歴史抜きには語れませんので、歴史の流れや流行も考えながら鑑賞することができて貴重な舞台でした。

           準備された大牟田の先生方、本当にお疲れ様でした。素晴らしい舞台ありがとうございました。

          5/4  芦北海浜公園へ
            なんか大人は物産の買い物へでかけてような気もしないではない・・・
            小学生の皆さんにはおなじみの芦北少年自然の家のすぐ隣。とにかく景色の素晴らしい場所でした
          目玉はゾーブ供!でっかいめだかの卵のような透明のボールの中にはいって転がっていきます  EXCITINGまちがいなしです


          100505_1201~010001.jpg
          ねこに破壊された障子もやっと美しく・・・by ぱぱ

          その他の日には家のメンテ。あまりに新緑がきれいなので上半分はオープンに。風通しも良くて斬新だぁ・・・(へんかな?)
          posted by: arao-komoya | 雑記帖 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

          いい日旅立ち

          0
            100328_0925~01.jpg
             不安と期待でいっぱい。はじめての一人旅 

             いつもなら3月の5週目は母の命日もある週なので家族で大阪へ向かうのですが、今年は4月の舞台のリハがあるのでウサギ少年一人で出発。

            100328_1550~01.jpg
             見送った後は久しぶりの博多見物?。

            こういうところは熊本にはありません。
             都会にたまに行くといろんな情報や流行が発見できます。ディスプレーや店員さんの対応勉強になることもいっぱいです。

              どこに生かされるのかは謎ですが、あ〜楽しかった!

            お昼にはウサギ少年も無事到着。
               ゲームばっかりしてんと、宿題もしいや!
            母の声はとどくまい・・・・・
            posted by: arao-komoya | 雑記帖 | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

            卒業

            0
              SN3K0021.jpg
              才色兼備の入江先生&仲間たち

              おかげさまで娘が高校を卒業いたしました。のんびりのびのびとした校風のお陰で楽しい高校3年間でした。
               「他の学校やったら、やめててたかも・・・」と言うほどかれんにあった学校でした。
              私立の卒業式は初めて出席しましたが、在校生による生オーケストラに、生コーラスだし(3年間気づきませんでしたが、すてきな校歌は團いくま作曲でした・・・)、顔も見たこと無いえらい人からの祝辞も無くほんとに卒業生のための暖かい式に感動しました。
               がんばってこの学校に通わせてよかったなぁと改めて感じました。

               そして最後の退場は「誰に気づかれなくても、小さくてもよいから世の中をてらす光になりなさい。」
              とキャンドルに灯りを分けていただいて(世の中に)派遣されると言う意味で
              退場ではなく派遣で閉式したのでした。
              100301_1918~010001.jpg
              Last lesson with class E

              帰ってきたら最後のレッスン。先週末はE2の皆さんが送別会を開いてくださいました。
              楽しい思い出をたくさんありがとうございました。

               「パワーアップして帰ってきますのでよろしくおねがいします!!」とのことです。

              で、どちらへ?

                ジャイロキネシス&ジャイロトニック のインストラクター資格を取りに東京へ行きます。
              なんじゃそれ??
               まだまだ一般的ではないですが、気になる方は調べてみてくださいね。

               はるか永い道のりを歩き始めた君に幸せあれ!
              posted by: arao-komoya | 雑記帖 | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

              谷はねむっていた

              0
                100227_0000~010001.jpg
                 プログラムに倉本先生のサインをいただきました。

                今日は塾卒のモエちゃんに誘われて、富良野塾福岡甘木公演に出かけてきました。

                 あれだけの脚本を書かれる先生ができるだけせりふをそぎ落とし、音楽と肉体の表現力で勝負されている素晴らしい舞台でした。

                 なぜ先生が富良野で塾を開かれたのか・・・。なぜまず、生活することを基本とする集団生活をさせることにされたれたかが少しわかったような気がしました。

                 富良野塾は、先生が 人は、いったい何に感動するのかを知っているからこその既存の演劇に対するアンチテーゼであったのではないでしょうか?

                 正直に言うと演劇はちょっと苦手でしたが、ここまできちんと肉体的鍛錬がなされている劇団だと何の疑問も持たずに素直に感動することができます。

                 そして
                人を感動させるものを作るためには走り続けなければならない
                という最後のせりふに励まされ 帰路に着いたのでした。
                posted by: arao-komoya | 雑記帖 | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                朝日の中で

                0
                  100224_0738~01.jpg
                  春の田園風景

                  今年度最後の交通当番でした。今やこのみちを通る班は4つだけとなりました。本当に子供の数は減るばかりですね。

                  交通当番&子供会歴12年ともなると切実に感じます。

                  今朝気になることが一つ。子供たちはもちろん挨拶するのですが、誰も目を会わそうとしなかったことです。

                  大きな声で挨拶するより目を合わせて挨拶するほうが大事だと思うのですか…。

                  うちはレッスン後必ず全員と手と目をあわせてサヨナラをしますね。

                  目が会わなかったらやりなおしぃ〜となります。
                  目と目が合うことこそコミュニケーションの基本ではないでしょうか?
                  posted by: arao-komoya | 雑記帖 | 02:12 | comments(2) | trackbacks(0) | - |

                  大地讃頌(だいちさんしょう)

                  0
                     今週の火曜日、生協の配達でCDが届いてからというもの、
                    我が家には学生合唱曲が鳴り響いています。
                    CDのタイトルは「あの日教室で歌った思い出の合唱曲・
                    あの素晴らしい愛をもう一度」。

                    「またそんなヘンなCD(シツレイな!)買ったん?」と初めは
                    冷めた反応だった家族も、聴かされるうちに圧倒的清潔感のある
                    ハーモニーに魅了されたようで、特にムスコは歌詞カード片手に、
                    じっと聴いています。


                    全24曲のうちに「大地讃頌」(カンタータ「土の歌」から)をみつけたことが
                    このCDを申し込むきかっけでした。私の中学生時代は、学校中が合唱コンクールに
                    燃えていて・・・。青春だったなぁ。
                    「大地讃頌」はピアノ伴奏をしたので、特に思い出深い曲です。
                    他にも「山のいぶき」、「ひとつの朝」、「モルダウの流れ」〜「ハレルヤ・コーラス」まで、
                    泣きだしそうに懐かしい曲満載です。(って営業みたいですね。)

                    アルトのパートがスーッと口からこぼれるのが不思議な感じでした。
                    音楽は記憶と直結しているんだなと、しみじみ感じます。
                    誰か一緒にハモリませんか?
                    posted by: wakuwakubunko | 雑記帖 | 22:40 | comments(1) | trackbacks(0) | - |

                    心が折れた日には

                    0
                       ある1本の電話から心が折れている。

                      単に疲れがたまっていると言うことかもしれませんが。

                      音楽が記憶を呼び戻し、号泣している。

                      気分転換が必要。

                      シャワーを浴びていつもより濃いメイクをしてみた。(今日はおやすみですから)

                       東京でシュウウエムラのメイクスクールでモデルのバイトしてた頃を思い出した。
                      顔半分だけすっごいアブストラクトなめいくを施されたりして、その顔半分メイクを思い出したら笑えてきた。

                       うん、もう大丈夫!
                      posted by: arao-komoya | 雑記帖 | 12:49 | comments(1) | trackbacks(0) | - |

                      楽しい青島先生

                      0
                        091121_2238~01.jpg
                        育子さん主宰のバレエ音楽アラカルトに行ってきました。

                        テレビに出てらっしゃる時以上に楽しくうらばなしも沢山の内容でずっとわらいころげていました。

                        もちろんユリコバレエの皆さん、太一先生もご出演されていて白鳥の湖の名場面が並びました。
                        個人的にはもう少し踊りが見たかったですが…。

                        会場では先生の書かれた本も販売されていて、やさしくわかる楽典(常々子供達に音楽を教えることが至難の技だと感じているので)と ビートルズの主題によるソナチネ(来年のわたしの課題にしましょ〜っと)の譜面を買わせて頂きました。
                        posted by: arao-komoya | 雑記帖 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |